酸化療法セミナー

放射線ホルミシス

オゾン療法の作用機序

APD2内服療法

非結核性抗酸菌症に対する血液バイオフォトセラピー

etc.

今回もとても勉強になりました。

 

日本病巣疾患研究会

第6回日本病巣疾患研究会学術集会シンポジウムで講演しました。

「心拍変動数解析を用いた上咽頭擦過療法と自律神経機構の関連」です。

E-EATは交感神経系、副交感神経系の両方を刺激することによって、適正な自律神経バランスを取り戻す調整作用があるのではないかと考えられました。

日耳鼻千葉県地方部会

台風も去ってまた暑い夏が戻ってきました。今日は学術講演会がありました。

日耳鼻総会で宿題報告をされた黒野先生の講演です。何度聴いても素晴らしいお話しでした。

分泌型IgAの役割、経鼻ワクチンによる免疫応答、ホスホリルコリンの可能性・・・・。これからの耳鼻科医が果たす役割に期待されます。

専門医講習会

今年も専門医講習会の参加受付が始まりました。

早くしないとすぐに定員に達してしまいます。何とかエントリー完了です。

航空チケットも争奪戦ですね。頑張ります。

E-EAT

先日、日耳鼻千葉県地方部会があり、久々の発表を行いました。

お話ししたい事は沢山ありますが、時間は容赦なく刻々と過ぎていきます。

時間をどう使い切るか、考えなくてはいけません。

 

 

アレルギー性鼻炎と体内時計

アレルギー性鼻炎と体内時計についての中村先生の論文についてお話しをする機会がありました。免疫学の分野は日々新しい知見が発見されております。

免疫システムを調整している最上位は自律神経系です。交感神経系と副交感神経系のバランスも大切です。 

常に学び続けないと取り残されてしまいますね。

 

第2回臨床自律神経機能Forum

「Bスポット療法が自律神経系に及ぼす効果について」ポスター発表をしました。

いろいろな専門分野の先生方のお話しを聞くことができて大変勉強になりました。

 

 

 

専門医講習会

日耳鼻専門医講習会が神戸で行われました。

朝から晩まで缶詰状態で疲れましたが、いろいろな分野の新しい知見を勉強することができてよかったです。

これからの診療に生かしたいと思いました。

 

補聴器相談医資格更新のための講習会

10月28日 黒田生子先生より「補聴器フィッテイングの基礎」についてのご講演がありました。

単なる情報伝達や利便性のためだけでなく、生活の質の向上とこころの豊かさのための補聴が求められます。

補聴の効果と限界を知ることが大切です。

酸化療法セミナー

日本酸化療法医学会に参加しました。

高濃度水素点滴療法の実際

NTMに対する血液UV療法

経皮的オゾン椎間板減圧術

オゾン注腸   etc.

他科領域のお話しですが、毎回勉強になります。マイコプラズマ感染症に血液フォトセラピーは効果があります。オゾン鼻うがいもあります。

 

第5回 日本病巣疾患研究会

9月2日~3日に行われました第5回日本病巣疾患研究会額学術集会にて演題発表をさせていただきました。

「マグネシウムBスポット療法の試み」です。

Bスポット療法の新たな可能性について検討させていただきました。